深酒えっち!-娘くらいの手ごまを

い、果たしてこういう給湯室で何がおこったんじゃろう……。
ケースを整頓決める。ワシは嘆かわしい老いぼれビジネスマンで、偶々茶を飲みに給湯室へやってきた。だが、給湯室の階層には同僚の若々しいサラリーマン・一之瀬くんが仰向けに倒れていらっしゃるではないか。
「一之瀬さん、おい、起きないか。一之瀬さん!!」
「……う、うーん……」
見事に起こる雰囲気はない。怪我はないし、ただ寝ているだけのように言えるが……。
にしても彼女衣装は何となく濡れて要る。どうしてです?それに彼女の側には空っぽの空き瓶が落ちて掛かる。
「大概です。こういう瓶は……ゲホォッ!激しい日本酒じゃのう……戸棚に誰かが隠しとったのか」
なるほどわかった。彼女はこれを嗅いで倒れたのだろう。彼女、手強い下戸だからな。案の定誰がこんなところに酒を……。
必ず酒の持ち主などさておき、儂はこの状況に悪く興奮していた。
「にしても脚が美しいのう」
パンストに包まれたホッソリと伸びた足。ついつい頬ずりしてしまう。
「んー、くすぐったあい……」
寝返りを打つ彼女。
「まあ!!?」
彼女は大の字になり、ワシにスカートの下のボトムスをハダカの外観にしてきた。こういう娘……ワシを誘ってあるのか?
ククク、少し楽しませて味わうぞい。
雑誌作品は紳士向け作品で、娘くらいの年齢の手ごまとエッチしてしまうというお伝え。
一之瀬くんというサラリーマンと、オヤジのエッチやるお伝えなんですが、非常にエロい!何せ年齢が甚だしく離れている両者ですからね。家族みたいな両者がイチャイチャラブラブエッチを始めるという段階、凄く興奮しませんか?
やはり、一ノ瀬くんは深酒して眠っている概況と言う。俗にいう、眠姦という熱唱にあたるのですが、まさに熟睡して掛かるよりも、可愛らしい反響を思い切り見せて頂ける。突如寝返りを打って、M文字開脚やる淫乱娘ですからね。
こんな彼女に童貞おやじが攻める!最初は彼女のパンストに包まれた足をスリスリと楽しんだり、股間に鼻を押し付けて匂いを嗅ぐだけだったものの、段々と振る舞いがエスカレートして赴き、彼女を犯してしまうねぇ。
彼女の豊満な胸を両手で揉み、むしゃぶりつき、その印象をひとしきり楽しんだ後は、やっぱ彼女の秘ショップをまさぐっていきます。寝ているはずなのに、感じているのか、段々と濡れて来る彼女のアソコ。ぐしょぐしょになって、挿入しやすくなったところで、おやじは自分の大きくなった物を……。
雑誌作品はハンディ漫画他で褒賞送達内輪。善悪一度!
名古屋市の不倫調査